CDJ ビッグプーリーキット導入! その1

2013/12/06 at 15:43

Rear Derailleur : Shimano Dura-Ace RD-9070

冬の・・・ボーナスの時期ですよね・・・うん。

先日行きつけの BIKE SHOP FORZA に行ったとき店長に、前々から興味のあったCDJのビックプーリーキットの相談をしたんですね。で、運よく実物もそこにあって、どんな感じで装着されるのか、ROTER Q-RINGSと組み合わせたときの変速性能はどうなのか。チェーンのテンションやコマ数は変えることになるのか、4種類あるカラーはどれにしたらカッコイイのか・・・

根こそぎ聞き出してから、その時はちょっと悩みます!と言って帰ってきたんですが・・・

S-Works EVADE も買うわけだし、もう少し様子見ようかな~と思っていたところ、Sタマ仲間の『極楽はどこだ?』さんを覗いたら・・・付けてるじゃないですか!ああ、うん。背中を押されるってのはこういうことなんだろうなぁ・・・ショップに連絡して在庫聞いたらもう確保してくれたって言うし、来週 EVADE 取りにいくときに1時間あれば作業してくれるっていうので |・ェ・`)

た、楽しみだなぁ(震え声)

ビッグプーリー

2013/09/23 at 05:04

Campagnolo Record 11 Rear Derailleur

Sタマで変更できるところはもうない。あとは自分自身だ!

・・・と言いたいところなんですが、実はまだひとつだけ残ってるんです。そう、リアディレイラーのビッグプーリー化です。

回転効率を上げようってのが目的なわけなんですが、まあ体感できるのかは置いておいて(こういうのは自分が納得できればそれでいいんです)、問題はどちらにするか?ということ。

つまりバーナー製にするかカーボンドライジャパン製にするかということですね。先行していたのはバーナーで13T/15Tの正真正銘のビッグプーリー。カーボンドライジャパンはガイドプーリーのみ15Tでテンションプーリーは11Tのまま。変速性能を保つためとの触れ込みですが・・・それはバーナー製は変速性能落ちるってことなんですかね?

まあお値段もバーナーの方がお高いんですがそれは置いておくとして、導入するとしたらどちらを入れるかはとても悩ましいところです。うーん。みなさんならどちらを選ぶ?

操作系を3TからシマノPROへ

2013/09/11 at 04:17

shimano_pro

ステムとハンドルをシマノPROの『Vibeカーボン』へ変更しました!

これまで3TのLTDステムとTeamハンドル(ERGONOVA)を使っていて、軽さに不満はなかったけどスプリント時にたわむ気がしてた。プロでもないのにそんなの実感できるわけないかも知れないし、気のせいかも知れないけど、剛性の高さに定評があるシマノPROを使ってみたくなってしょうがなかった、というのがホントのところ。

剛性の塊と言われるVibe7S(アルミ)ではなくカーボンにしたのは、カヴェンディッシュもキッテルもカーボンだったから。アルミとカーボンはプリントが違うからわかるんですよね。

現世界最高のピュアスプリンターの力を受け止められるのであれば、アルミにまでする必要はないかなと。アルミの重量増も頭をよぎっていたし。ハンドルにケーブル穴がついたのも地味に嬉しい(笑)

インプレ
ステム長は据え置き、ハンドルはコンパクトを選択。ハンドルの上ハンは3Tよりも図太くなりました。形状だけでも剛性を感じる(笑) 合計重量はわずかに増えてますが気になるレベルではなし。

3TのERGONOVAはハの字になっていて下ハンよりも上ハンが、C-Cが約1cm程度幅狭くなってます。これがVibeはまっすぐ。C-C40cmと同じ幅ですが、上ハンは1cm広くなったことになりますが違和感はないですね。

で走った感じ・・・3Tよりもクイックでたわまない!(気がする) そしてまるでカーボンとは思えないガッチガチの硬さに!これは・・・走れるわ(‘∇’)