シムで左右の脚の長さを調整する

2012/09/17 at 22:45

人間、左右の脚の長さって微妙に違うものですが、わたしの場合も例に漏れず若干だけど左脚の方が短いようで…ペダリングで気持ち違和感があったんです。

で、とあるブログを巡回していたら同じような悩みが書いてあって、厚さ数ミリのプレートをシューズとクリートの間に挟み込むことでこれを調整できると…これだ!(゜Д゜)

というわけで早速注文して届きました『BIKEFIT レッグレングスシム』です。

画像の黒い方が3mm厚で1枚。真っ直ぐで硬めの強化プラスチック的なもの。黄色い方が1.5mm厚が2枚で柔らかめ。黒と違って互い違いに角度が1℃ついてるので、1枚だけだと左右に角度をつけることが可能。でも今回は真っ直ぐにしたいので2枚を挟んで垂直に。

固定ローラーで2時間ほど踏んでみましたが…んん、確かにペダリングの違和感はなくなったかも。取り外しも簡単、調整も簡単。

左右のペダリングどちらかに違和感があって、それが脚の長さから来ているのかも知れないと思ったら試してみるのもいいかもですよ。お値段は2100円です。

BG High Performance Footbed 青

2012/08/12 at 17:00

先日の『2013 S-Works Road Shoe』の予約ついでに今履いてる同じスペシャの『Expert Road Shoe』の悩み相談。ロングライドだと右の足先がちょっと痛くなりがちだったんです。

とりあえずサイズは問題ないので、となると後はインソールで調整した方がいいと。ということでスペシャのインソール『BG High Performance Footbed (青)』も購入してみました。

スペシャのインソールは青、赤、緑の3種類。土踏まずの深さで種類が変わって、計測してもらって青にしてます。で、これがかなりジャストフィット。実際に使ってみるとシューズの中で足が動かなくなります。

つまり力が逃げなくなる。

それと人間の足って左右で長さが違ったりするものですけど、これも付属のシートをインソールの下に敷くことで、ミリ単位で調整可能。ちなみにスペシャのシューズにはBOAダイヤルが付いたモデルがありますが、これなら全体的に締め付けてくれるのでさらにフィットしますね~。S-Worksなら言うこと無し。

ちなみにこれも2013モデルが出ますが、店員さん曰く「デザインが変わるだけで機能も形状も現行モデルと変わらない」だそうです。ただしシムが別売りになるとか?

というわけでS-Worksが手元に来るまで4ヶ月間、このインソールとExpertでがんばります (・◇・)

ステム換装 3T ARX TEAM 90mm(100mm)

2012/08/11 at 21:27

TARMAC導入に合わせてステム長を90mm→100mmに変更しました。

と言うのも、フレームサイズがROUBAIXの490(XS)から520(S)に変わったことで、トップチューブ長もホリゾンタル換算で518mmから537mmになっているんですが、スペシャのBGフィット担当の方にフィッティングをしてもらったときに「520だとポジション的に90mmか100mmがちょうどいい」と言われたのが理由。

3T愛用者には周知の事実ですが、3Tのステムは計測幅の位置が他社と違うので、表示の長さよりも実質プラス10mm長くなります。たまに否定してる人もいますが実測するとわかりますね。で、今回入手したのが表示90mm、つまり100mm相当というわけです。

3T ARX TEAMと言えば赤いラインが特徴的ですが、マットブラックなTARMACにお似合いなブラックバージョンが出ていたのでWiggleでポチ。まあ手元に届いて見たら「ただの黒いステム」でしたがw ちなみに角度はオーソドックスに6度、素材はアルミで実測120g以下ですね。計量且つ高剛性。

※ステム位置下げるかも知れないので90mmに買いなおすかも。そしたらLTDかなぁ。見た目だけじゃなく、さらに軽く硬いらしいし。