脚質について

2013/08/03 at 01:32

Le Sprint (2)

スプリンター?
いやそこまで瞬発力はない。

クライマー?
登坂で出力出し続ける自信がない。

パンチャー?
細かいアップダウンを乗り切りつつ、アタックや逃げは打てない。

TTスペシャリスト?
無理無理。

オールラウンダー?
もちろん違う。

じゃあルーラー?

>(Wikipediaより引用)
平地を一定のペースで走り続けることを得意とし、数名でローテーションすれば40km/h以上で数時間に渡り走り続けることができる。また、緩い坂や短い山岳、スプリントもある程度ならこなせるため、あらゆる状況に対応できる万能型選手であるが、裏を返せば距離のあったり厳しい山岳ではクライマーに、ゴール前のスプリントではスプリンターに、長時間の独走ではTTスペシャリストに劣るため、決定力に欠けるタイプでもある。 万能型という点ではパンチャーと類似しているが、こちらがスプリントとアップダウンへの対応を両立させているのに対し、ルーラーは平坦地での高速走行や長距離の独走などに強いなど、TTスペシャリストに近いのが違いである。

あ…これかも。と言うかこれになりたい。万能型だけどスペシャリストではない。器用貧乏かも知れないけど勝てる可能性もある。

本当はスプリンターにあこがれるけど、自分の適正を伸ばしたい。誰か客観的に判断してくれないかなぁ。まあルーラー自認するならまずは平均速度のベースアップからかな。練習あるのみ。