自転車事故で親に9500万円賠償命令

2013/07/07 at 11:20

坂道
ニュースで見た人もいるんじゃないですかね。被害者・検察側の主張が100%正しいとすれば、加害者の賠償額は当然だと思ってます。ただ保護者の責任かと言うとそれは・・・

http://www.asahi.com/national/update/0705/OSK201307040164.html

社会的にどうかと言うと、学校教育で1回ぐらい交通安全教室をやる程度でしょう。ヘルメットや車道通行、左走行、ヘタすると信号すら守られてません。ああ、信号以外は警官がそもそも守ってませんね。携帯使ったり音楽聞いてる人もいるし、空気圧以外の点検もしてないでしょう。任意の自賠責をそもそも知らない人が多い。コンビニでも取り扱ってるし、年間たった4000~5000円程度で1億まで出ます。

セブンイレブンで入る自転車向け保険
http://jitensya.ehokenstore.com/

比較的加入率の高いローディやMTBライダー以外、通勤・通学・買い物でいわゆるママチャリや子供用自転車を乗ってる人のどれだけ加入しているんでしょうか? おそらく1~2割がいいとこじゃないかと思うんです。

啓蒙活動なんてほとんど皆無に近いんだから、保護者の知識も知れてます。今回、未成年だろうがなんだろうが加害者個人の賠償額としては妥当です。危険運転致死ぐらいの罰則つけてもいいんじゃないかな。でも責任の所在を保護者だけに押し付けるのは反対ですね。

宇都宮ブリッツェンとか地元の学校で定期的に安全教室を開いてるそうだし、せめてJCAの指導員資格でもとってみようかな。