アルテグラDi2のバッテリー限界

2012/09/18 at 13:48



アルテグラDi2のバッテリーの持ちは、フル充電で平均的なシフトチェンジ回数だと700~1000km程度だと言われています。

わたしも今日はじめてローラー台の上でバッテリー切れを体験。いつもは700~800km程度走ったぐらいで充電するか、もしくはロングライドやレース前に念のためフル充電しちゃいますもんね。なかなか使い切るなんてことはないんです。

ちなみにシマノのマニュアルを読むと「バッテリー残量が少ない時まずフロントディレイラーが動作しなくなり、続いてリアディレイラーが動作しなくなります」なんてことが書いてありますけどこれは間違い。正しくは「バッテリー残量が少ない時まずリアディレイラーが動作しなくなり、続いてフロントディレイラーが動作しなくなります」です。

実は2011年末のサイクルモードでDi2に試乗したとき、運よく(?)バッテリー切れになったんです。その時もフロントは変わるのに、リアが変速しなくなったので、状況は同じですね。確かに変速機構的にもリアの方が複雑で電力食いそうですし。

しかし出先で変速しなくなったら悲惨だろうなぁ…まあ滅多にないことですけどね。

《2013-08-16追記》
コメント頂いたので追記。

当時のエントリでは「これは間違い」って感じで本来の動作と違うんじゃない?かと書いてますが、ファームで動作変わったかも知れないし、ケースバイケースかも知れないですね。ただ機構的に歯数の多いリアの方が電力使ってるように見えるので、個人的に納得していたんですけどね~